現役美容師おすすめのシャンプー成分

おばさんぽくない50代の髪型15選!やってはいけない髪型は?前髪ありはおかしい?

おばさんぽくない50代の髪型15選!やってはいけない髪型は?前髪ありはおかしい?
本ページはプロモーションが含まれています

中村

50代女性におばさんぽくならないスタイルを、髪型別にお伝えします。スタイリングのコツなども解説しているので、参考にどうぞ。

\『おばさんぽくならないショートスタイル』は以下からジャンプ/
髪型画像/スタイル名 50代女性向け!ショートボブでラウンドシルエットを活かしたスタイル Aラインの美しいカットラインを持つ|切りっぱなしショートボブ 丸みを帯びたひし形シルエットでフェミニンなショートボブ 若返り効果のある小顔パーマを取り入れた50代向けショート ふんわりとした質感のひし形シルエットショートヘア
美容師メモ 丸い形のショートボブで、明るくて若々しい印象に。おしゃれで年齢を感じさせない魅力 切りっぱなしのライン、シャープな見た目と柔らかいパーマの動きがおしゃれな印象 ひし形シルエットのレイヤーショートボブは、50代でも若々しく見えるスタイリッシュな選択 ふわふわのパーマをかけたひし形ショートレイヤーは、どんな年代にも合う、若々しく見える髪型 首回りを美しく見せる襟足は、どの角度から見てもバランスが取れていて、骨格を綺麗に見せる
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

\『おばさんぽくならないミディアムスタイル』は以下からジャンプ/
髪型画像/スタイル名 華やかで女性らしい雰囲気のふんわりボブ 優雅なフェミニンさを演出する大人向けの長めボブ くびれを強調し大人可愛いフェミニンボブ エイジング毛を軽やかに見せる技ありカット 大人の魅力を引き出すくびれレイヤースタイル
美容師メモ 大人の女性が取り入れやすく、フェミニンでありながらも派手すぎない、50代にぴったり 50代の方々に人気のある肩レングスのロングボブは、フェミニンでアレンジがしやすい ひし形のフォルムを作ることで、小顔効果や顔の輪郭を整える効果も期待できる エイジング毛でボリュームが気になる場合、髪を動かして自然な流れを作ることがポイント 適度なメリハリを保ちつつ、横幅のあるフォルムを作り出して華やかさを引き出す
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

\『おばさんぽくならないロングスタイル』は以下からジャンプ/
髪型画像/スタイル名 ボリュームと厚みで華やぎを加えるロングレイヤー 前髪付きで若々しく見える50歳向けロングヘア リフトアップ効果のあるひし形シルエットロングヘア エレガントな毛流れを生かしたロングウェーブ 50歳に似合う!ひし形シルエットの若見えロングヘア
美容師メモ 厚みとボリュームが特徴のロングレイヤーが、華やかな見た目を演出 豊かなボリュームと、毛先の柔らかなカール、光沢あるダークブラウンの髪色が若みせポイント レイヤーカットにより、立体感と動きが出て、リフトアップ効果も期待できる エレガントな毛流れが特徴で、顔周りを美しく見せるひし形のシルエット 顔周りのデザインは、小顔に見せる効果だけでなく、最新トレンドを取り入れ、若々しい印象に
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

『わたしが記事を執筆しています』 プロフィール 美容師キャリア22年。2014年Hair Room Donicoを開業。 500本以上のシャンプー知識と独自ノウハウあり。髪のコンプレックスで悩む女性をサポート。

50代がやってはいけない髪型とは?

50代の方が避けるべきは、年齢に合わないヘアスタイルを選ぶことです。以下では、避けるべき髪型とその理由について解説します。

過度なロングヘア
年齢が上がるにつれ、長い髪は髪質の悪さを強調することがあります。とくにロングヘアは、若々しさや清潔感を欠きがちです。

ショートボブの過剰なレイヤー
レイヤーカットは若々しい印象を与えることがありますが、50代ではレイヤーをほどほどにしておくべきです。過度なレイヤーカットは髪のボリュームを失わせ、逆に老けた印象を与えることがあります。

女性笑う

パサパサになってツヤが見えにくくなるよ。

過度なパーマやカール
強めのパーマやカールは、時代遅れに見えることがあります。自然なウェーブやゆるいカールが、年齢に合った上品な印象を与えることができます。

ショートヘアの過激なスタイル
ショートヘアはスタイリッシュなヘアスタイルですが、極端なスパイクやエッジの効いたスタイルは避けるべきです。年齢に応じた柔らかさや女性らしさを演出するヘアスタイルを選びましょう。

隠れるような無造作なスタイル
髪を乱雑にまとめたり、無造作なスタイルは若者向けのトレンドですが、50代では清潔感やきちんと感が重要です。整髪料やヘアスタイリングに工夫を凝らし、手入れされた印象を持つようにしましょう。

これらのポイントを考慮して、自分の髪質や顔立ちに合わせた適切な髪型を選ぶことが重要です。

美容師やスタイリストとの相談や、雑誌やオンラインのヘアスタイルの参考にすることで、魅力的で若々しい印象を作り出せるでしょう。

ぱっつん前髪・シースルーバング

ぱっつん前髪とシースルーバングは若い世代の間で人気のあるスタイルですが、50代の方にとっては避ける方が良いでしょう。

ぱっつん前髪は、まっすぐなラインが幼い印象を与えてしまい、お顔のバランスを取りづらくします。年齢に応じた上品な印象を作り出すためには、他のスタイルを選ぶ方が良いでしょう。

シースルーバングは透け感のある前髪が特徴ですが、50代の方の髪はパサつきやすく、まとまりが悪くなることがあります。その結果、かえって老けた印象を与えてしまい、だらしなく見える恐れがあります。

以上の理由から、50代の方はぱっつん前髪やシースルーバングを避ける方が良いでしょう。代わりに、年齢に合った上品で洗練されたスタイルを探すことをおすすめします。美容師やスタイリストとの相談や、雑誌やオンラインのヘアスタイルの参考にすることで、より魅力的で年齢に相応しいヘアスタイルを見つけることができます。

女性笑う

幼く見られがちな方や、童顔の方は似合う人もいるよ。

50代女性が気をつけるべきポイント

● ラインは直線的ではなく、束感のあるアシンメトリーな形状にする。
● 前髪全体のボリュームを薄くするのではなく、毛先の厚みを減らす。

分け目やトップがぺったんこ

分け目やトップにボリュームのないスタイルは、全体的に見劣りし、疲れた印象を与えてしまいます。

また、分け目のラインが明確に見えると、白髪が目立ちやすくなったり、地肌が透けて薄毛に見えてしまう可能性があります。

そのため、分け目やトップにふんわりとボリュームのあるスタイルを選ぶことがおすすめです。

女性笑う

普段のスタイリングでは、まっすぐな分け目ではなく、ギザギザに分けるようにして分け目をぼかすスタイリングを試してみましょう。また、トップにカーラーを使ってボリュームを出すのもおすすめです。

ストレートのロングは痛い?

一般的に、50代の方がまっすぐなロングヘアを持つことは時折批判されることもあります。

この意見にはさまざまな理由がありますが、最も主要な理由としては、髪のツヤがなくパサつきや汚れが目立ち、見た目が悪くなってしまうからだと言われています。

50代になると、ホルモンバランスの変化の影響で髪がパサつきやうねりが生じやすくなり、まとまりにくく広がってしまうことがあります。

そのため、ヘアケアをせずにただ髪を伸ばし続けるストレートロングヘアは、見た目が悲壮感を醸し出すことになります。

女性笑う

逆に、適切なお手入れを施し、パサつきのないストレートロングヘアは年齢に関係なく美しく見えると言われています。

50代のおばさんぽくない髪型のポイント

50代の女性が若々しく見える髪型のポイントは次の3つです。

トップのボリューム感
髪のトップ部分にボリュームを出すことで、若々しさとハリのある印象を与えます。レイヤーカットやパーマを活用して、髪を立体的に見せましょう。

ひし型のシルエット
髪の形をひし型に整えることで、顔の輪郭を引き立てます。サイドやバックの髪を少し短くし、フェイスラインに沿うようにカットすると効果的です。

ツヤと束感のあるスタイリング
ヘアスタイルにツヤと束感を出すことで、髪に動きや立体感を与えます。適度なヘアオイルやヘアワックスを使って、自然な質感を演出しましょう。

これらのポイントを美容師に伝えることで、あなたに似合うヘアスタイルの提案を受けることができます。美容室でのカットやスタイリングにおいて、これらのポイントを意識して相談してみてください。

50代のおばさんぽくない髪型|ショート5選

髪型画像/スタイル名 50代女性向け!ショートボブでラウンドシルエットを活かしたスタイル Aラインの美しいカットラインを持つ|切りっぱなしショートボブ 丸みを帯びたひし形シルエットでフェミニンなショートボブ 若返り効果のある小顔パーマを取り入れた50代向けショート ふんわりとした質感のひし形シルエットショートヘア
美容師メモ 丸い形のショートボブで、明るくて若々しい印象に。おしゃれで年齢を感じさせない魅力 切りっぱなしのライン、シャープな見た目と柔らかいパーマの動きがおしゃれな印象 ひし形シルエットのレイヤーショートボブは、50代でも若々しく見えるスタイリッシュな選択 ふわふわのパーマをかけたひし形ショートレイヤーは、どんな年代にも合う、若々しく見える髪型 首回りを美しく見せる襟足は、どの角度から見てもバランスが取れていて、骨格を綺麗に見せる
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

50代の女性におすすめのショートヘアスタイルは、ひし型のシルエットと自然なトップのボリュームが特徴です。

髪のトップに自然なボリュームを出すために、低めのレイヤー(段)を入れてもらうと良いでしょう。これにより、頭の形の気になる部分をカバーすることができます。

また、年齢とともにお顔のたるみが気になる方も多いかもしれませんが、ショートヘアにすることで毛先の重心が上がり、たるみをカバーする効果もあります。

美容師には、これらのポイントを伝えて、自分に合ったショートヘアスタイルの提案をしてもらいましょう。髪型のアドバイスやスタイリングのポイントをもらうことで、より若々しく見える髪型を手に入れることができます。

ぽっちゃり・丸顔におすすめのスタイルは?

丸みを帯びた頬を隠すのに適した、少し長めの前髪のショートヘアスタイルは、ぽっちゃり型または丸顔の方におすすめです。また、襟足の髪をすっきりと整えることで首が長く見えるスタイルも良い選択となるでしょう。

面長に似合うかっこいい髪型は?

長い顔の形の方には、トップ部分や顔の周囲にボリュームを持たせたスタイルを推奨します。 面長の顔型では、顔の縦のラインが強調され、伸びたように見える傾向があります。

そのため、顔の周りをふんわりとさせることで、縦のラインが柔らかくなり、全体のバランスがよく見えます。 さらに、面長の方には前髪があると、顔の輪郭を丸く見せ、より美しく見せることができます。

50代女性向け!ショートボブでラウンドシルエットを活かしたスタイル

50代女性向け!ショートボブでラウンドシルエットを活かしたスタイル 50代女性向け!ショートボブでラウンドシルエットを活かしたスタイル/side/back

丸い形のショートボブは、明るくて若々しい印象を与えます。このスタイルは、おしゃれで年齢を感じさせない魅力があります。

レイヤーを少し下に設定することで、リラックスした丸みのある形を作り出すことができます。 分け目を直線でなくジグザグにすることで、頭の形を自然に見せつつ、ボリュームを保つことができます。

また、髪の一部を耳にかけることで、さりげないおしゃれ感を演出しています。

Aラインの美しいカットラインを持つ|切りっぱなしショートボブ

Aラインの美しいカットラインを持つ|切りっぱなしショートボブ Aラインの美しいカットラインを持つ|切りっぱなしショートボブ/side/back

前下がりのショートボブは、切りっぱなしのラインが特徴で、シャープな見た目と柔らかいパーマの動きがおしゃれな印象を作ります。

このヘアスタイルは、とくに50代の方にも若々しく、おばさんぽくない印象を与える髪型です。

コテを使って前後に巻くことで、髪に美しい動きを出すことができます。

丸みを帯びたひし形シルエットでフェミニンなショートボブ

丸みを帯びたひし形シルエットでフェミニンなショートボブ 丸みを帯びたひし形シルエットでフェミニンなショートボブ/side/back

ひし形シルエットのレイヤーショートボブは、50代でも若々しく見えるスタイリッシュな選択です。

ワンカールパーマやコテで毛先をカールさせるだけで、手軽にセットできます。分け目をジグザグにすることで、頭のてっぺんをふんわり見せることができます。

ヘアバームを使って髪になじませれば、髪の束感を出すことが可能です。この髪型は、年齢を問わず、おしゃれで若々しい印象を与えることができます。

若返り効果のある小顔パーマを取り入れた50代向けショート

若返り効果のある小顔パーマを取り入れた50代向けショート

ふわふわのパーマをかけたひし形ショートレイヤーは、どんな年代にも合う、若々しく見える髪型です。

後ろの髪は頭の形に合わせて丸く、襟足は首に沿うように切ります。大きなロッドを使って根元からしっかり巻くことで、軽やかに揺れるパーマスタイルが完成します。

このスタイルは、ドライで束になった感じがあり、カジュアルな服装にもぴったり合います。 「50代でもおばさんぽくない」をテーマにした髪型で、明るく元気な印象を与えます。

ふんわりとした質感のひし形シルエットショートヘア

ふんわりとした質感のひし形シルエットショートヘア ふんわりとした質感のひし形シルエットショートヘア/side/back

くびれた形のショートレイヤーは、レイヤーカットによる自然な毛流れと、トップにふんわりとしたボリュームを持たせたスタイリッシュな髪型です。

首回りを美しく見せる襟足のデザインもポイントで、どの角度から見てもバランスが取れていて、骨格を綺麗に見せてくれます。

毛流れと束感を出すことで、さらにおしゃれな雰囲気になります。 このヘアスタイルは、仕事でもプライベートでも、どんな服装にも合わせやすい万能さが魅力です。

50代の方にも若々しく、おばさんぽくない印象を与える髪型です。

50代のおばさんぽくない髪型|ミディアム5選

\『おばさんぽくならないミディアムスタイル』は以下からジャンプ/
髪型画像/スタイル名 華やかで女性らしい雰囲気のふんわりボブ 優雅なフェミニンさを演出する大人向けの長めボブ くびれを強調し大人可愛いフェミニンボブ エイジング毛を軽やかに見せる技ありカット 大人の魅力を引き出すくびれレイヤースタイル
美容師メモ 大人の女性が取り入れやすく、フェミニンでありながらも派手すぎない、50代にぴったり 50代の方々に人気のある肩レングスのロングボブは、フェミニンでアレンジがしやすい ひし形のフォルムを作ることで、小顔効果や顔の輪郭を整える効果も期待できる エイジング毛でボリュームが気になる場合、髪を動かして自然な流れを作ることがポイント 適度なメリハリを保ちつつ、横幅のあるフォルムを作り出して華やかさを引き出す
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ボブスタイルは、50代の方々に最適なヘアスタイルと言えます。

ボブスタイルが推奨される理由の一つは、毛先が整えられたそのスタイルが髪に統一感を与え、美しい見た目を作り出すからです。

年齢と共に髪が乾燥しやすくなる50代の方々にとって、髪を美しく保つためにボブスタイルを試すのは良い選択かもしれません。

さらに、スタイリングが簡単であるというのもボブの大きな利点です。

若く見えるボブは?

肩の高さよりも短いボブスタイルが良い選択となるでしょう。また、トップ部分を少しボリュームを持たせることが、若々しさを引き立てるコツです。

もし、一様に整えられたボブがあまり好みではない場合には、前髪が下がる形のボブを試してみてください。

ウルフボブのぽっちゃり向けは?

ぽっちゃり体型の方がウルフボブスタイルを選ぶ場合、襟足がスッキリ見え、自然な曲線を描くスタイルをおすすめします。

もしボブが重すぎると、少し古臭い印象を与えてしまうかもしれません。 レイヤー(段差)を作ることで、その重さを軽減し、スッキリとした印象を与えることができます。

さらに、ウルフボブはレイヤーが特徴であるため、トップに自然なボリュームが出て、気になる白髪や薄毛をうまく隠すことができます。

華やかで女性らしい雰囲気のふんわりボブ

華やかで女性らしい雰囲気のふんわりボブ 華やかで女性らしい雰囲気のふんわりボブ/side/back

ボブスタイルは、おしゃれさや扱いやすさ、髪質をカバーする点で大人からの支持が厚いです。

重たいフォルムが流行っていましたが、今秋はレイヤーを加えることで新鮮さを出すのが良いでしょう。

肩に届く長さのボブに、顔まわりと前髪をつなぐレイヤーを入れて動きを出します。 顔周りをリバース巻きにしたり、リバースパーマをかけたりするのがとくにおすすめです。

これにより、耳元が見えることで軽やかさを演出し、髪がぺたんこに見えるのを防げます。

大人の女性が取り入れやすく、フェミニンでありながらも派手すぎない、50代にぴったりの「おばさんぽくない髪型」を実現します。

優雅なフェミニンさを演出する大人向けの長めボブ

優雅なフェミニンさを演出する大人向けの長めボブ 優雅なフェミニンさを演出する大人向けの長めボブ/side/back

50代の方々に人気のある肩レングスのロングボブは、フェミニンでアレンジがしやすいです。

しかし、長さがあるとシルエットが重たく見えがちで、メリハリが足りないこともあります。 そんな時におすすめするのは、トップにレイヤーを入れて作るくびれボブです。

このスタイルは、肩で跳ねる長さのボブに、耳の周りで毛先が落ちるように計算されたカットを加えることで、ボリュームを出し、立体感を演出し、洗練された印象を与えます。

さらに、パーマなしで軽いオイルを使ったスタイリングだけで形が決まり、再現性が高いのも特徴です。

レイヤーの位置を骨格に合わせて調整できるので、どんな方にも似合うスタイルを見つけることができます。

「おばさんぽくない髪型 50代」という要望にぴったりの、多くの魅力を持つスタイルです。

くびれを強調し大人可愛いフェミニンボブ

くびれを強調し大人可愛いフェミニンボブ くびれを強調し大人可愛いフェミニンボブ/side/back

くびれボブは、髪に立体感とボリュームを加えて見せることができるスタイルです。

この髪型の特徴は、シルエットにアクセントをつけることで、髪がペタンと見えがちな悩みを解消し、首をスリムに長く見せる効果がある点です。

また、ひし形のフォルムを作ることで、小顔効果や顔の輪郭を整える効果も期待できます。

肩に届く長さのボブベースに、トップと中間にレイヤーを入れることで、美しいくびれを作り出し、流れるような柔らかいシルエットが、エレガントで女性らしい印象を与えます。

「おばさんぽくない 髪型 50代」としても、くびれボブは多くの悩みに応える理想的な選択肢となります。

エイジング毛を軽やかに見せる技ありカット

エイジング毛を軽やかに見せる技ありカット エイジング毛を軽やかに見せる技ありカット/side/back

このヘアスタイルは、髪の中間部分に空間を作り、軽やかな動きを出すための工夫がされています。

外ハネやリバース巻きを加えることで、髪の膨らみを抑えるのではなく、動きのあるスタイルを実現しています。

とくにエイジング毛でボリュームが気になる場合、髪を動かして自然な流れを作ることがポイントです。

「50代でおばさんぽくない髪型」を求める方には、このような軽やかさと動きのあるスタイルがおすすめです。

大人の魅力を引き出すくびれレイヤースタイル

大人の魅力を引き出すくびれレイヤースタイル 大人の魅力を引き出すくびれレイヤースタイル/side/back

くせ毛で毛先が広がりやすい方は、ヘアセットでボリュームを抑えると縦長の印象が強くなり、少し寂しげな見た目になりがちです。

そこで、前髪を少し広めのマッシュスタイルにし、全体にはボリュームを調整しつつふんわりと見せるインレイヤーを入れるといいでしょう。

これにより、適度なメリハリを保ちつつ、横幅のあるフォルムを作り出して華やかさを引き出します。

この方法は、くせ毛を上手に生かしながら、50代でも「おばさんぽくない髪型」を楽しめるようにするための工夫です。

さらに、広がりにくくなるため、毎日のセルフスタイリングも楽になりますよ。

50代のおばさんぽくない髪型|ロング5選

髪型画像/スタイル名 ボリュームと厚みで華やぎを加えるロングレイヤー 前髪付きで若々しく見える50歳向けロングヘア リフトアップ効果のあるひし形シルエットロングヘア エレガントな毛流れを生かしたロングウェーブ 50歳に似合う!ひし形シルエットの若見えロングヘア
美容師メモ 厚みとボリュームが特徴のロングレイヤーが、華やかな見た目を演出 豊かなボリュームと、毛先の柔らかなカール、光沢あるダークブラウンの髪色が若みせポイント レイヤーカットにより、立体感と動きが出て、リフトアップ効果も期待できる エレガントな毛流れが特徴で、顔周りを美しく見せるひし形のシルエット 顔周りのデザインは、小顔に見せる効果だけでなく、最新トレンドを取り入れ、若々しい印象に
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

50代の方がおばさんぽく見えないロングヘアを保つためには、トップだけでなくサイドにもボリュームを加えたスタイルを推奨します。

年齢とともに髪のボリュームが減少するのをカバーし、華やかさを引き立てる効果があります。

トップやサイドにパーマをかけるスタイルも、魅力的な選択となるでしょう。

さらに、年齢を重ねると髪が細くなり、白髪も目立つようになるため、ヘアケアとカラーリングにもきちんと注意しましょう。

年齢による髪質の変化から生じるうねりが気になる場合、そのうねりを上手く取り入れたスタイルを試すのもおすすめです。

ボリュームと厚みで華やぎを加えるロングレイヤー

ボリュームと厚みで華やぎを加えるロングレイヤー

厚みとボリュームが特徴のロングレイヤーは、華やかな見た目を演出します。

おでこのシワをカバーしたい方や、小顔に見せたい方にもぴったりな、横に流した前髪とサイドバングが特徴です。

このスタイルは、顔の骨格を美しく見せるひし形のシルエットと、肌色を明るく見せるベージュカラーが魅力です。

毛先を外ハネにし、サイドは内巻きにすることで、さらに個性を加えます。ヘアオイルを使えば、簡単にスタイリングが完成します。

50代でも「おばさんぽくない」と感じさせる、若々しい髪型です。

前髪付きで若々しく見える50歳向けロングヘア

前髪付きで若々しく見える50歳向けロングヘア

前髪付きのロングヘアは、若々しさを際立たせるスタイルです。頭の形が綺麗に見えるような豊かなボリュームと、毛先の柔らかなカール、そして光沢のあるダークブラウンの髪色が特徴です。

カットに関しては、ローグラデーションでレイヤーを控えめに設定し、髪の中間から毛先にかけてボリュームを保つようにします。

前髪は厚すぎると若作りに見えがちなので、レイヤーを加えて適度に隙間ができるようにすることが大切です。これにより、「50代でもおばさんぽくない髪型」を実現できます。

リフトアップ効果のあるひし形シルエットロングヘア

リフトアップ効果のあるひし形シルエットロングヘア リフトアップ効果のあるひし形シルエットロングヘア/side/back

ひし形シルエットのロングヘアは、首周りで細く見せる効果があるため、顔の形を選ばずに似合います。

この髪型は、レイヤーカットにより、立体感と動きが出て、リフトアップ効果も期待できます。巻き髪が苦手な人は、パーマをかけて手軽にスタイリングできます。

ヘアオイルやヘアバームを使うと、よりなめらかで輝く髪に仕上がります。50代の方でも若々しく、おしゃれに見せることができる髪型です。

エレガントな毛流れを生かしたロングウェーブ

エレガントな毛流れを生かしたロングウェーブ ロングウェーブ:エレガントな毛流れを活かし、韓国風の洗練されたスタイルに/side/back

ロングヘアウェーブは、エレガントな毛流れが特徴で、顔周りを美しく見せるひし形のシルエットを作り出します。

前髪と表面のレイヤーカットによって、より立体感を与えています。

38mmのコテを使い、毛先を外にカールさせたり、サイドの髪を逆方向に巻くことで、動きのあるスタイルに。

前髪は内側に巻いて後ろに流すことで、整った印象になります。アッシュブラウンの髪色は、ツヤと透明感をアップさせ、白髪染めにも適しています。

50代でも若々しくおしゃれに見せるスタイルです。

50歳に似合う!ひし形シルエットの若見えロングヘア

50歳に似合う!ひし形シルエットの若見えロングヘア 50歳に似合う!ひし形シルエットの若見えロングヘア/side/back

ボリューム満点のひし形シルエットと、光沢のある暖かいブラウン色が特徴のヘアスタイルです。

シースルーバングと、前髪からサイドにかけてのレイヤーカットがおしゃれなポイントになっています。

顔周りのデザインは、小顔に見せる効果があるだけでなく、最新のトレンドを取り入れることで、若々しい印象を与えます。

50代でも「おばさんぽくない」と感じさせる、おしゃれで若々しい髪型です。

おばさんぽくない!50代向けの髪型15選:まとめ

この記事では、50代にとって避けるべきヘアスタイルについて以下のポイントで触れてきました。

● 50代はトップや分け目にボリュームを加えることが重要
● 各長さに対する推奨のヘアスタイル
● 美しい髪の維持には適切なヘアケアが不可欠

ヘアスタイルによっては老けて見えることもあれば、逆に若々しく見えることもあります。

そのため、自分に似合うスタイルを見つけることが如何に重要であるかが理解できます。

いつでも若々しく見えるように、また年齢にとらわれず様々なヘアスタイルを楽しむために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

オーナー中村に問い合わせてみる