なかむラボ シャンプー研究所

           

現役美容師おすすめのシャンプー成分

60代の手入れが楽な髪型10選!やってはいけない痛い髪型は?おばさんぽくないスタイルは?

60代の手入れが楽な髪型10選!やってはいけない痛い髪型は?おばさんぽくないスタイルは?

中村

60代がやってはいけない髪型をお伝えします。スタイリングのコツなども解説しているので、参考にどうぞ。

\『早く、60代向けのヘアスタイルを見せて』という人は以下からジャンプ/
髪型画像/スタイル名 若々しい印象を与えるひし形シルエットのショートカット 面長の方に似合う!若々しい60代向けのショートレイヤー ボリューム感が若々しい!くびれたシルエットのパーマショート おばさんぽくならない!60代に合うショートパーマスタイル どの角度から見ても美しさが際立つショートレイヤー カジュアルかつ60代のおばさんぽくないショート 丸みのあるシルエット!若々しく素敵なヘアスタイル 上品さと華やかさを兼ね備えたラウンドシルエットのショートヘア 手入れが簡単で60代に最適なコンパクトショート カジュアルで自然体な雰囲気のマッシュショート
美容師メモ 髪の量が少なめの方やボリュームを出しにくい髪質の60代女性にぴったり コテで巻くか、パーマをかけることで、60代の方に若々しさをプラス 年齢を重ねると髪のボリュームが減りがち。自然なボリュームが若々しさを引き出す 毛先にパーマをかけるとボリュームが出て、毎日のスタイリングもしやすくなる 髪の厚みを活かしたボリュームが特徴の、落ち着いた雰囲気のヘアスタイル 頭の上部にボリュームを持たせて、ひし形の形を作ることでカジュアルな印象を与える 60代の方に洗練された印象を与えつつ、お手入れがしやすい点が魅力 髪のツヤと透明感が、若々しさと上品さを演出し、華やかさと可愛らしさを兼ね備える コンパクトなシルエットが特徴的。乾かすだけでキマるので、お手入れがとても簡単 ひし形シルエットで顔立ちをシャープに。60代の方に似合う、若々しく上品なスタイル
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

『わたしが記事を執筆しています』 美容師キャリア22年。2014年Hair Room Donicoを開業。 500本以上のシャンプー知識と独自ノウハウあり。髪のコンプレックスで悩む女性をサポート。

60代女性がやってはいけない!おばさんに見える髪型とは?

歳を重ねるごとに変わるヘアスタイルの選び方、60代の女性には特に注意が必要です。『おばさんに見える髪型』とは一体どんなスタイルなのでしょうか。

年齢に合わせたヘアスタイルの選び方や、若々しく見せるコツを、プロの美容師の目線から解説します。

年齢を重ねることで変わる髪質や顔立ちに合わせたスタイリングのポイント、避けるべき髪型まで、具体的にご紹介しますので、60代の皆さま、ぜひこの機会にヘアスタイルを見直してみませんか?

トップのボリューム不足

ペタンコのトップは、見た目に疲れた印象を与えてしまうことがあります。年齢と共に髪のボリュームは減ってしまうもの。

ですが、ちょっとした工夫で、若々しく、活き活きとしたヘアスタイルが叶います。

まず、レイヤーカット。これによってトップにふんわり感を出すことが可能です。髪に動きが出て、自然なボリュームを生み出します。

さらに、レイヤーにパーマを組み合わせると、よりスタイリングがしやすくなります。自宅でのお手入れも簡単になるんです。

さて、髪の薄さが気になる方には、女性用育毛剤の使用もオススメ。早めのケアが鍵を握っています。

育毛剤で、髪の元気を取り戻しましょう。このようなアプローチで、ボリュームのある、若々しいヘアスタイルを実現できますよ。

Iラインシルエットのストレートヘア

ストレートヘアが顔を前面に強調してしまうこと、ありますよね。特にIラインシルエットは、顔の大きさが目立つ原因になるんです。

そこで、おすすめの対策をご紹介します。まず、ストレートから脱却。コテやパーマで毛先にカールを加えましょう。

これだけで、顔周りに柔らかさが生まれ、印象がぐっと変わります。

加えて、レイヤーカットを取り入れると、さらに効果的。適度なボリュームが出ることで、顔が小さく見えるんです。

この方法なら、自然でバランスの取れたスタイルが実現します。ぜひお試しくださいね。

白髪染めが色落ちした状態

髪色の退色や根元のプリン状態は、清潔感を損ない、思わぬ老けた印象を与えてしまうことがあります。

ここで大切なのが、定期的なヘアカラーのメンテナンス。白髪染めを月に一度は行いましょう。

特に白髪が多い方は、3週間ごとに根元だけを染め直すリタッチカラーが効果的です。これでいつも髪はきれいに、そして若々しい印象をキープできますよ。

美しい髪色は、清潔感と若々しさの象徴ですから、定期的なケアを心がけてくださいね。

老けて見られない60代の髪型の条件

老けて見られない60代の髪型の条件

60代になっても若々しく、魅力的な髪型を保つための秘訣は、ふんわりとしたボリュームや華やかなシルエットにあります。

『老けて見られない60代の髪型の条件』を解き明かしましょう。

頭頂部にボリュームを持たせること、ひし形のシルエットで顔周りを華やかに見せること、そして定期的なヘアカラーで髪の色味を保つことが重要です。

これらのポイントを押さえることで、年齢を感じさせない若々しい印象を作り出すことができます。

では、これらの条件をどのように取り入れるか、プロの美容師が具体的なアドバイスをお届けします。

頭頂部はふんわりとしたボリューム

トップにボリュームを出すことで、60代の女性のヘアスタイルには大きなメリットがあります。

まず、骨格がきれいに見えます。ボリュームがあると、顔のラインが引き立ち、より美しい印象に。次に、華やかさと若々しさが際立ちます。

ボリュームのあるヘアスタイルは、元気で活動的な印象を与えるんです。そして、小顔効果も期待できます。

適度なボリュームは、顔のバランスを整えてくれるんですよ。

ひし形シルエットで華やかさアップ

ひし形シルエットで華やかさアップ

頭の形に合わせたレイヤーカットは、素敵な「ひし形シルエット」を作り出し、骨格を美しく見せる効果があります。

このカット方法は、小顔効果や骨格矯正の効果も期待できます。顔周りのラインを整えることで、顔の形をより整ったものに見せることができるんです。

さらに、レイヤーによって動きが出るため、全体的に華やかな印象を与えます。

定期的なヘアカラーのメンテナンス

白髪が混じる髪色や伸びた根元の手入れは、美しいヘアスタイルにとって重要なポイントですね。

定期的なメンテナンスが、どんなヘアカラーもより魅力的に見せる秘訣です。

理想的なメンテナンスの頻度は、2週間に1回。美容院へ行けないときは、自宅で簡単に使える白髪染めトリートメントがおすすめです。

白髪染めシャンプーも便利ですが、色持ちやコストを考えると、白髪染めトリートメントの方が魅力的。

この方法なら、自宅で簡単に、いつも美しい髪色を保つことができますね。

おばさんに見えない60代の髪型10選【手入れが楽なのに若みせ】

髪型画像/スタイル名 若々しい印象を与えるひし形シルエットのショートカット 面長の方に似合う!若々しい60代向けのショートレイヤー ボリューム感が若々しい!くびれたシルエットのパーマショート おばさんぽくならない!60代に合うショートパーマスタイル どの角度から見ても美しさが際立つショートレイヤー カジュアルかつ60代のおばさんぽくないショート 丸みのあるシルエット!若々しく素敵なヘアスタイル 上品さと華やかさを兼ね備えたラウンドシルエットのショートヘア 手入れが簡単で60代に最適なコンパクトショート カジュアルで自然体な雰囲気のマッシュショート
美容師メモ 髪の量が少なめの方やボリュームを出しにくい髪質の60代女性にぴったり コテで巻くか、パーマをかけることで、60代の方に若々しさをプラス 年齢を重ねると髪のボリュームが減りがち。自然なボリュームが若々しさを引き出す 毛先にパーマをかけるとボリュームが出て、毎日のスタイリングもしやすくなる 髪の厚みを活かしたボリュームが特徴の、落ち着いた雰囲気のヘアスタイル 頭の上部にボリュームを持たせて、ひし形の形を作ることでカジュアルな印象を与える 60代の方に洗練された印象を与えつつ、お手入れがしやすい点が魅力 髪のツヤと透明感が、若々しさと上品さを演出し、華やかさと可愛らしさを兼ね備える コンパクトなシルエットが特徴的。乾かすだけでキマるので、お手入れがとても簡単 ひし形シルエットで顔立ちをシャープに。60代の方に似合う、若々しく上品なスタイル
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

60代の方々にとって、髪型はただのスタイルではなく、若々しさと自信を表現する手段です。しかし、毎日の手入れが大変だと感じることもありますよね。そんなあなたに朗報です。手入れが楽で、なおかつ周りからの印象をぐっと若返らせてくれる髪型があるんです。

今回は、60代でもおばさんに見えない、若みせ効果抜群の髪型10選をご紹介します。忙しい毎日の中でも、手軽にケアできるスタイルばかり。このチャンスに、新しい自分を発見してみませんか?

若々しい印象を与えるひし形シルエットのショートカット

若々しい印象を与えるひし形シルエットのショートカット:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートヘアは、ひし形のシルエットが特徴的ですね。前髪からサイド、バックにかけてレイヤーカットが施されていて、スタイリッシュな形が出ています。

襟足が首に沿うデザインで、すっきりとした印象を与えます。

特に、髪の量が少なめの方やボリュームを出しにくい髪質の方にはぴったりです。

ボリュームを出すためにパーマをかけるのがおすすめ。パーマが難しい場合は、ホットカーラーでセットするのもいいでしょう。

60代の方にも似合うヘアスタイルです。年齢を問わず、洗練された印象を与えてくれますよ。

面長の方に似合う!若々しい60代向けのショートレイヤー

面長の方に似合う!若々しい60代向けのショートレイヤー:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

面長の方におすすめの丸みのあるショートヘアは、とてもバランスが良く見えます。

カットはレイヤーを低めに設定し、丸いフォルムを形成。ベージュカラーで柔らかく透明感ある髪に仕上げることで、優しい印象を与えます。

ヘアバームを使ってセットすると、髪に動きとまとまりが生まれます。

さらに、コテで軽く巻くか、パーマをかけることで、よりニュアンスのあるスタイルが完成します。

特に60代の方には、このようなスタイルが新鮮さと若々しさをプラスするでしょう。

ボリューム感が若々しい!くびれたシルエットのパーマショート

ボリューム感が若々しい!くびれたシルエットのパーマショート:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートレイヤーは、襟足がスッキリしていて、後ろにボリュームがあるのが特徴ですね。ひし形のシルエットが顔の形を美しく見せます。

薄毛の方や髪にボリュームが欲しい方には、毛先にパーマをかけるのがおすすめです。

ブロードライでトップに軽やかなふんわり感を出すと、若々しく見えますよ。

60代の方には、このスタイルが特に合います。

年齢を重ねると髪のボリュームが減りがちですが、このヘアスタイルは自然なボリュームを演出し、若々しさを引き出す効果があります。

また、お手入れもしやすく、日常生活でのスタイリングがラクになりますよ。

おばさんぽくならない!60代に合うショートパーマスタイル

おばさんぽくならない!60代に合うショートパーマスタイル:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

今年のトレンドは、束感のあるショートヘアですね。ヘアバームを使ってセットすると、さらにスタイルが引き立ちます。

毛先にパーマをかけることで、ボリュームが出て、毎日のスタイリングもしやすくなります。

アッシュベージュのカラーが、明るく若々しい印象を与えてくれるんです。このスタイルは60代の方にもおすすめですよ。

年齢を問わず、フレッシュで軽やかなイメージになれますから。

どの角度から見ても美しさが際立つショートレイヤー

どの角度から見ても美しさが際立つショートレイヤー:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートボブは、あごラインをきれいに見せてくれるレイヤースタイルですね。

横から見るとひし形のシルエットが特徴で、髪の厚みを活かしたボリュームがあります。

ただ、少し重たく見えることもあるので、ベージュのカラーを入れることで透明感と軽やかさを出しています。

毛先にワンカールを加えると、より柔らかい印象に。ヘアバームやオイルでスタイリングすると、自然できれいな仕上がりになりますよ。

コテが苦手な方にはパーマをおすすめします。60代の方にも似合う、落ち着いた雰囲気のヘアスタイルです。

カジュアルかつ60代のおばさんぽくないショート

カジュアルかつ60代のおばさんぽくないショート:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートヘアは、頭の上部にボリュームを持たせて、ひし形の形を作ることでカジュアルな印象を与えます。

ダークブラウンのカラーは、白髪が目立ちやすいかもしれませんが、ツヤのある若々しい見た目になるんですよ。

ヘアバームを使ってセットすると、束感のある理想的なスタイルが完成します。

60代の方にもおすすめで、おしゃれで落ち着いた雰囲気を演出できますよ。

丸みのあるシルエット!若々しく素敵なヘアスタイル

丸みのあるシルエット!若々しく素敵なヘアスタイル:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートヘアスタイルは、丸みを帯びたゆったりとしたシルエットが特徴です。

前髪はあごの位置でカットされ、サイドとバックに向かって滑らかにつながるレイヤーカットが施されています。

このスタイルは、ひし形の鋭角なシルエットにならないよう、レイヤーを低めに設定することで柔らかさを出しています。

カラーはアッシュブラウンを選ぶことで、ツヤ感と透明感のある上品な印象を与えています。

スタイリングにはヘアバームを使用し、写真のような束感を出すことができます。

60代の方にとって、このヘアスタイルは洗練された印象を与えつつ、お手入れがしやすい点が魅力です。

年齢を重ねた方にも似合う、上品で落ち着いたスタイルとなっています。

上品さと華やかさを兼ね備えたラウンドシルエットのショートヘア

上品さと華やかさを兼ね備えたラウンドシルエットのショートヘア:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このヘアスタイルは、トップにボリュームを持たせつつ、首のラインにそった襟足の長さが特徴です。このバランスにより、頭の形が美しく見えますね。

髪のツヤと透明感が、若々しさと上品さを演出し、華やかさと可愛らしさを兼ね備えています。

また、横に流れる短めの前髪が、さらに魅力を引き立てています。60代の方にも似合う、エレガントで洗練されたスタイルです。

手入れが簡単で60代に最適なコンパクトショート

手入れが簡単で60代に最適なコンパクトショート:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このベリーショートは、コンパクトなシルエットが特徴的です。乾かすだけでキマるので、お手入れがとても簡単。

短めの前髪とスッキリした襟足が、個性的かつおしゃれな印象を与えます。

モードなファッションや着物にもよく合うミニマムなスタイルで、どんなシーンにもマッチします。

手軽さとスタイリッシュさを兼ね備えたヘアスタイルですね。

カジュアルで自然体な雰囲気のマッシュショート

カジュアルで自然体な雰囲気のマッシュショート:60代がやってはいけない痛い髪型

ヘアスタイルについて

このショートスタイルは、ひし形のシルエットで顔立ちをシャープに見せる効果があります。

耳の後ろにレイヤーカットを施すことで、軽やかな印象を与え、首元のスッキリとしたラインが特徴です。

ハイライトカラーを加えることで、髪の動きがより立体的に表現され、ヘアバームを使うと艶やかでまとまりのある仕上がりになります。

60代の方にも似合う、若々しくて上品なスタイルですね。

60代がやってはいけない痛い髪型は?似合う髪型10選:まとめ

60代の方にとって、髪型は若々しさを保つための重要なポイントですよね。特に、避けたいのが「痛い」と感じられるヘアスタイル。

そんな中、おすすめしたいのは、手入れが簡単で若々しい印象を与えるヘアスタイルです。

重要なのは、髪のボリュームを保ちながら、ひし形のシルエットを作ること。

この形は、顔周りのラインをきれいに見せ、エレガントな雰囲気を演出します。さらに、定期的なメンテナンスで髪色をきれいに保つことも大切です。

色味が落ち着いていても、艶やかな色は若々しさを保つ秘訣です。

日々のヘアケアも忘れずに。髪質に合ったシャンプーやトリートメントを選び、優しくケアすることが大切です。

年齢と共に変わる髪の状態に合わせたケアで、いつまでも美しい髪を保ちましょう。

ご紹介したようなヘアスタイルは、日々のお手入れがしやすく、自然な若々しさを演出できるので、60代の方におすすめです。

美容院での定期的なメンテナンスを忘れずに、美しい髪を長く楽しんでくださいね。

オーナー中村に問い合わせてみる